健康食品の分類について

健康状態の向上を目的として販売されている健康食品ですが、種類としては食品に分類されます。日本で販売される口に入れるものは、食品か薬いずれかのカテゴリに入ると薬事法と食品衛生法で定められています。その中で、食品として健康食品は見なされています。2001年に厚生労働省が設けた保健機能食品制度により、食品に分類されているものの一部が保健機能食品とされました。栄養機能食品か特定保健用食品のいずれかに、保健機能食品ば分けて考えられています。特定保健用食品は、国民の健康状態を改善するためのものです。一定の基準に従って製造されたものを、審査を受けて認定された健康食品です。栄養機能食品の条件は、ビタミン12種類、ミネラル5種類を含有することです。栄養機能食品という種類の食品になるための条件に認可や審査は含まれていないため、規格をクリアしているかだけが大事です。保健機能食品ではないけれど、健康食品という扱い方で販売されている食品は、たくさん存在しています。いわゆる健康食品という表現をされています。健康食品ははっきりした種類が定まっていないものもたくさんあります。法律での扱いが食品であっても、健康や美容のために利用されているものはいくつもあります。

サプリメントのメリットとデメリット

メリットがたくさんあるサプリメントですが、デメリットもいくつかあります。サプリメントの弱点としてあげられる点は、種類が多すぎる点です。メリットかもしれませんが、いいことばかりではありません。マルチビタミンサプリメントを使ってみたいと思った場合、50種、100種とある膨大な種類から1種を選ばねばなりません。この100種の中から、1種類を選択しなければなりません。万人に等しく効果があるサプリメントというものが存在しない以上、自分に最も合うものを選択しなければなりません。安く買えるか、まとめ買いがきくか、入手しやすいかという選び方から、デザインが良いとか、有名人が愛用しているからという観点も存在します。さほど深い決め手がないままに使い始めてしまったという方もいるようです。注意点の1つとして、どれだけの栄養成分が配合されているかが不明瞭なサプリメントがあるという点もあります。有効成分がどれだけ含まれているかわからないようなサプリメントもあり、栄養成分を補充するという目的通りにいかない場合もあるようです。金額が安いサプリメントなら、材料や製造に関して気をつけるに越したことはありません。宣伝では商品のメリットがたくさん書き連ねられていても、字面通りの効果が万人にあるとは限りません。サプリメントを使う時は、メリットが本当に自分にとってのメリットとなりえているかもチェックしましょう。

 

整体院でマッサージを学ぶなら、nihilo整体 教材がおすすめ。